読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うねり

ハンググライダーとパラグライダーで空を飛んで考えたこと

3月25,26日 どじからす足尾山「帰ってこい!」大会 H-#290

飛びの記録 大会・ツアー

先週のことがあったのもあるし、元々なぜかあまり乗り気ではなかったけれど、時間が確実にある今だからこそこういう機会は逃してはいけない気もしてとりあえずエントリーした2017 どじからす足尾山「帰ってこい!」大会、結果としては出てよかったと思う。

 

アウト&リターン、トライアングルフライトの勧め : 固定翼日記

アウト&リターン(O&R)の飛び方 : 固定翼日記

FAIトライアングル(FAI△)の飛び方 : 固定翼日記

 

3月25日 大会委員長の2017「帰ってこい!」初日 BLIPMAP Hypothesis and proof/ウェブリブログ

 

気象ブリーフィングを聞いてどういうプランで飛ぶか考える。

海風が15時過ぎから16時ごろにかけてドカッと入ってくる予報。

 

先週益子まで飛べたので、じゃあ今度は行って帰ってきたいと思った。

せっかくならトライアングルで飛んでみたいとも思ったので、今までの自己ベストを繋げたら素敵だなと思った。

つまり、内原→益子→足尾のトライアングルを思い描く。

 

自分のプランを持ってからいろんな人に聞いてみた。

ccgさんはもう少し早く海風が来るんじゃないかと言っていた。

だからccgさんは北西方向のアウト&リターンを狙っているみたいだった。

S下さんは海風に乗る道はけっこう厳しいと言っていた。

 

他の人の意見も聞いて回ると今日は東は厳しくて北から北西あたりを回るのがよさそう。

そうしてテイクオフ直前の気持ちは益子アウト&リターンになっていた。海風を警戒して14時半くらいには足尾周辺にはいたいなぁという気持ち。

 

www.xcontest.org

 

雲底1500mくらいと聞いていたけど、先週みたいにサーマルが突き抜けて2000m以上上がった。だから警戒も強まったけど、高峰までは心配なく到達できた。

先週との違いは雲を見て突っ込む方向を決められたこと。

レースと違って目標を柔軟に変えられるので、より上がりそうな雰囲気のある真北の方向に進路を変えた。

高峰で上げあぐねて時間を使うも徐々に雲も発達してきて1200mから一気に上げやすくなってそのまま1900mまで。

この時点で13時15分。雲は北北東と東に続いていたので、このまま行っても楽しそうだと思ったけれど、東側には目線より低い雲の列も見えていて、海風が怖かったのでリターンを始めた。

 

トライアングルの距離を伸ばすなら東側に寄せた方がいい。

このとき八郷盆地の外側(東側)にも雲の列ができていたし、高峰から東方向にも雲ができていた。だから距離を伸ばすならその道だったけれど、とにかく海風を警戒していたのでその道は捨てて吾国山を真っ直ぐ目指した。

吾国山と加波山風車の上空に積雲が発達していく様子が見えた。板敷まで帰れれば絶対戻れると思った。

谷渡り中もあまり落ちず、ということはもしかしてもう海風が入り始めているのかも?なんて考えながら飛んだ。パラ学の座学で板さんが海風は笠間の方が先に入るといっていたのを思い出す。

 

吾国山の直前、南風のローターで荒れる。そりゃそうだ。目線では余裕で山を越えられると思ったのでそんなに不安もなく突っ込む。

山を越えた直後に今日一番のリフトにヒット。ガッツンと強烈なリフトだった。900mから2100mまで。

そこから山の稜線上を飛んだら全く落ちず。これも海風の影響かしら。

東側に未練があったからずっと見ていたけれど、やはり雲は目線より下にある。そこに突っ込む勇気はない。前を見ると龍神のあたりに東西に伸びる雲のラインが見えた。八郷一周への欲が少し湧く。ただ「帰ってこい!」なのでログを閉じることが第一目標。テイクオフを確実に越えられる高度が残るように飛ぶことを意識していた。

 

やや東側にコースを寄せつつ龍神到着。

雲はここで終わり、場は南東風の雰囲気。八郷一周するなら南側に回り込まなきゃならないけど、雲もないし時間も14時過ぎてるしで断念。進路を西に向けてできる限り南寄りにコースを取りつつフライトログを閉じるためテイクオフへと戻ることにした。

 

無事テイクオフにもどり、デュレーションの時間でも伸ばすか考えていると無線で海風が入り始めたとの連絡があった。

あたりは一気に寒くなり、風が強まって一時バックするパラもいた。「もうさっさと降りてピザ食べたい」としか考えられなくなり15時ちょっと前に降りた。

 

 

結果は14位。リジット強すぎ!

おれは3旋回点距離 37.86 km、O&R 31.56 km、△ 36.88 km、156分で、参加した選手と比べるとどれも平均的な数値で目立たない感じ。

ただ自分の今までの飛びの中ではかなり冒険した方だし、常に考えながら試しながら飛べてとても楽しかったフライトだった。自分の成長が感じられたといってもいい。

こういう飛び方もあるんだと知れてよかった。

 

 

3月26日

雨!大会は終わり!

閉会式の後、25日のフライトと気象についての座学があった。これがとても勉強になった。

 

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170327004826j:plain

BLIP MAP(紫の字が見るのにおすすめの数値予報)

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170327005058j:plain

 

 

3月18日~20日 板.じKi.山.ス.pu.リ.ん.グふ.ラi.ト H-#288,289

大会・ツアー 飛びの記録

3/18 day2 から参加。

#288

南西風かと思いきやTOの風は北西。すんごく出にくい。

あとでわかったがこれはKaば山のローターらしい。ローターが目の前までちょうど来ている状況だから当然辺りはシンク帯。トップ選手もぶっ飛びまくる。

たまに来る絶妙なタイミングに合わせてちゃんと出られて、かつ粘ってしっかり上げきれた人は西の平野を覗くことができたようだった。

おれはテイクオフクローズ時刻直前に出て、そしてぶっ飛んだ。

http://www.livetrack24.com/track/822544/

サーマルが小さい、弱い、低い、混んでいるの四重苦。むりー。

⇓day2 の動画

https://www.youtube.com/watch?v=4j0QGzoQNto

 

3/19 day3

#289

https://www.xcontest.org/world/en/flights/detail:uflyt2/19.3.2017/03:32

コンバージェンス帯を使った 60km 程度のタスク。雲底予報は 1800m だったが実際は雲底 2400m 以上の好転。【「好転」したということは風とリフトは強まると思わなくてはならない】

雲はよく発達し、14時ごろには南北方向にオーバーキャストしてきた。かba山からamaびきまでを東側から通りながら北上すると上がりながら進んだ。そして雪を感じた。【その雲は利用していい雲なのか?】【上がり続けるのは異常ではないか?】【逃げる方向はわかっているか?】

石切り場を越えるころには絶望的なシンク帯に掴まりみるみる高度が下がっていく。【むしろよかったのかもしれない】まったく原因がわからなかった。どこのなんの影響なのこれ??【広い範囲でシンク帯があるということは、もっと広い範囲で空気の入れ替わりが起こっているということ】

山並みを過ぎるとバリオはうんともすんとも言わなくなってそのままMaしこ駅手前に 15 時ごろアウトランした。【小さな土手があった田んぼだったが、風次第では大きなリスクになる】

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170323001320j:plain

写真に写っていない手前側【風上側】に 150㎝ くらいの工事で盛られた土がある。

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170323001340j:plain

地元の人と交流をしつつゆっくり片づけた。片づけが終わった 15 時半すぎには雲が晴れていて、風向きは降りたときと反対になっていた。【ここでは比較的穏やかに風向きが変わった】【雲も晴れたし冷たい風になっていたし空気が変わっている】【おりるとき穏やかだったのはウインドカーム?】

 

 

飛んでいるとき、ましてや競技中、おれは何を考えていただろう。

経験が足りない分、飛んでいない時にしっかりしっかり考え抜く必要があると思う。地に足がついているときどれだけ準備ができるかで飛んでいるときの選択肢が増える。

知っていることも活かせなきゃ意味がない。況や知らないことならなおさら。

自然を楽しむスポーツなのだから、もっともっと知らないとだめだ。



















https://youtu.be/fAcVaF04l4g

https://youtu.be/yMotGs4FYws

http://takashi427.exblog.jp/24010788/

http://takashi427.exblog.jp/24015492/

http://kenji55000.exblog.jp/23746886/

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170319/k10010917701000.html

2月28日~3月3日 全日本パラグライダー学生選手権 in 足尾 P-#148~151(後編)

飛びの記録 大会・ツアー

3月2日 Day3 キャンセル

 

昼過ぎから雨。北風ベースだったけど朝一本は飛べたと思う。

もし参加した選手が全員自分だったら「テイクオフで待たせてくれ」だの「集合時間を早めろ」だの言ってると思う。まぁ競技としてキャンセルになるのは状況的に仕様がないにせよ、おれは基本飛びたいのでそういうことを思っていた。ちょっとでも飛ぶ確率を上げるならそうじゃない?

 

二日酔いの影響でキャンセルしている人もちらほらいた。レセプは交流が目的であって酔うのが目的じゃないってもう 1000 回くらい思ってるし 4 回くらい人に言った。少なくとも競技で飛びに来ているのなら。

楽しく集まってついでにフライトする、くらいのテンションならそういうイベントを別にできたらいいなと思う。2つしかない公認大会なんだから、もう少し競技志向でも、もう少し飛びが中心でもいいじゃない。

 

競技がなくなったので座学になった。

龍門方式で 2nd クラスと Exp クラスで分かれて座学を提案した。Exp クラスの議題は初日と2日目のフライトについて。

非常に勉強になった。

 

●「迷ったらステイ」

●キープハイ。500m 以下にしない。理想は 800m から雲底の間で移動。

●シリンダーは風上側から取る。

●サーマルは風上側から離脱する。

●競技では ①いかに早く上げるか、②効率よく飛ぶか、が大切。

ソアリングは一周一周が勝負。同じ風はない、次の違う風がどんどん来る。

●タスクの決め方。雲底の高さ、気温減率の良さ、平均時速を予想、使える時間帯。

●足尾では、北風っぽいとき上空が寒く気温差が大きいので、周期の短い小さくて強いサーマル。南風っぽいとき全体が暖かく気温差が小さいので、周期の長い大きくて弱いサーマルになる。

●北風っぽいときは海風っぽい。海風は層が薄い(体感で 300m くらい)ので逆転層によってふたがされる。サーマルの終わりが早い。足尾の東から来る海風は寒流だから冷たい。

●サーマルは障害物。だからリッジもかかるしローターもある。強いサーマルなら風上側でコアとリッジが混ざったような強いリフトになる。

● +1m/s の上昇を感じられるならそのリフトはたとえば +3m/s 以上のような力がある。丁寧に機体を操作してより効率よく上昇を引き出す。

● 気象庁|過去の気象データ検索 で「10 分ごとの値を表示」を見てみると、サーマルの周期がわかる。サーマルが出ると地表の気温が下がる。

●足尾の北東に位置する笠間は、海風が早く入ってくるので足尾よりもサーマルのピークが早く終わる。その差は 30 分くらい?

 

などなど。

 

座学の後は Exp の選手で固まって動いてた。楽しかったな。

 

 

3月3日 Day4 キャンセル

 

予報通り南西風。これも朝一ならメインから飛べた。自分が 2nd の選手だったら…。

競技は東側で行うので Exp はキャンセル確定でフリーフライト。

昨日からほぼそのつもりだったのでスペシャルタスクで飛ぶ。

選手の一人が西側のウェイポイントファイルを持っていたので、それを使って幻の Task3 を行ったのだ!

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170307014810j:plain

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170307014855j:plain

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170307015005j:plain

 

nasa の西の TO が wpt ファイルにないので足尾山頂で代理」「宇都宮とったって言いたい」「昼に近づくにつれて強風になる」「ということはサーマルの弱い時間に一本が勝負」というわけで上記のタスクになった。

半分冗談だったが、 10:30 スタートの結構絶妙なタスク。この時間の西はサーマルの出始めでまとまり切らない上に弱く、上げるのが難しい。SSS の宇都宮 46km シリンダーは加波山南西方向からズバッと出ており、絶妙にぶっ飛びではいけないところにある。

 

Flight detail : masa ue - 3.3.2017 - VP - 2.68 km :: XContest.org - world of XC paragliding

 

ぶっ飛んだ!

もうちょい待つべきだったかな。でも選手の一人は上げていたからたぶんぎりぎりまわれたかも。う~ん悔しい楽しい!

 

そのあとはハイクアップで3時間かけて山を越え、下った。

 

総合の結果は悔しいのただ一言。

 

 

今回のハングとパラの 2 連戦は非常に刺激的で楽しかった。

曲がりなりにもレースに出るようになって 3 年目、自分の成長を感じる。理論が実感できるくらいにできるようになってきた。

「雲(の影)を見て飛ぶ」「風下 TP に向かうときに上げ、風上 TP に向かうときは進む」「タスクの進め方のシミュレーション」などなど。

はぁ~楽しかった!

2月28日~3月3日 全日本パラグライダー学生選手権 in 足尾 P-#148~151(前編)

飛びの記録 大会・ツアー

3 度目のパラ学でやっと Expert Class に出られた。去年ぎりぎり P 証が間に合わず、悔しい思いをしたので念願かなって嬉しい。

今回のターンポイントは以下の図の通り。一番遠いところでも TO から 6km くらい。

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170305225545j:plain

選手は 6 人。少ない。

地元は 3 人。同い年なので負けたくない。

 

 

2月28日 Day1 Task1

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170305225518j:plain

 

今回出場する選手を見て、自分がタスクコミッティかセーフティコミッティか、とにかく発言力はあるだろうと思って事前にタスクを考えたり気象条件を読んだりしていた。

初日は午後から飛べないくらいの強い海風になってしまうだろうという予想で、

風車1kmスタート、釣り堀、足尾山頂、サル鉄塔、小学校、きのこ山東屋、農協、メインLDゴール 中心距離 27km の 最短 20km というタスクを考えていた(実は)。

 

この「最短 20km」てのがミソで、ハングの大会の後だったからこれをノミナルディスタンスだと思って組んだ。そしたら中心距離が 10km 以上ならいいとかって話が出て、結局上の図のようなタスクになった。

「早めに終わるよう短めのタスク」という考えはそのままだけど、「みんなゴールできるようにさらに短くする」「山の奥はリスクが高いので使わない」なんかの条件も加味された。

リフライトもする気がないのでタスクフィニッシュ時刻の設定も 15:00 と早めの設定。これが裏目に出るとも知らず・・・。

 

 

#148 1 本目 11:47~12:14 北東やや強め

Flight detail : masa ue - 28.2.2017 - VP - 4.73 km :: XContest.org - world of XC paragliding

TO オープン直後は渋そうだったので待っていた。結局スタート時刻を過ぎてからのテイクオフ。

テイクオフして 10 分、やっとパラ前で最初の一上げができた。すでにスタート時刻から時間をかなり使ってしまっているので焦る気持ちが募る。最低限必要な高度になったら山頂のスタートをとる。

もうほとんどの選手がスタートして、高い高度で釣り堀方面に向かっていた。焦る。

パラ前で TO より少し高いくらいの高度という低い状態ではあったが、さっと釣り堀をとって次に行こうと思って突っ込む。これが失敗。

高度 400m で釣り堀をとって振り返ると進みが悪い(そりゃそうだ北風だもの)。

あっこりゃパラ尾根周りこめねぇな…ていうかパラ前にも行けないどころか LD もあやしいな…という気まずい高度に。メイン LD と講習場の間を狙って飛ぶ。

講習場の北側で対地 70m くらいになり絶望しかけるがたき火が見えたのでそこに突っ込んだらそこそこ強いリフトになっていた。ぽこぽこして難しいリフトだったが集中してなんとか LD には届く高度になった。そこから復活も狙ったが結局そのままランディング。

 

急いで片づけてリフライト。ちなみにこれがポットハーネス初飛びだった。

心の滑空比が上がるのと暖かいのがいい。ただ操作は一本目では慣れられずストレスでもあった。次ィ!

 

 

#149 2本目 13:43~15:35 北東やや強めから東強め

Flight detail : masa ue - 28.2.2017 - FT - 8.93 km :: XContest.org - world of XC paragliding

リフライト。絶対にゴールする。とにかくゴールする、急いで。そんな気持ちでいっぱいだった。

テイクオフして10分くらいですぐにスタート。しかし次の一上げに手間取り10分もたつく。釣り堀を低く取りに行った反省もあって慎重になっていたのもある。

パラ前 430m から雲底 1200m まで上げて発射。釣り堀(1070m)、さるかべ(760m)、サル公園(300m)まで一気に行った。

サル公園までいった判断は結構賭けだった。サル公園で上がらなきゃ帰れない。絶対に上げなきゃいけない状況になるのは明らかだったから集中した。

到着は 14:30 で残り 30 分、すぐ上がれば間に合うが…。

まずリッジでサル公と同高度、しかしそこからうまく上げられずとりあえず HGLD 方向に出す。結局到着時と大して変わらない高度で沖に出してるからここの 10 分間は無駄だった。

正直 HGLD も届かない高度だったが、上がりそうな家+林のセットの上を飛ぶとやはりリフトがあった。もがきながらやっとヒット。西に流されながら 200m から 1000m 。1000m 以上上げようとすると尾根より西に流されすぎてしまうと判断したので 1000m で離脱してハングでこ山青屋根へ向かった。

とここで残り 5 分。絶望。くっそぉぉぉと叫びながらフルアクセルで向かうも青屋根を取れず時間切れ。

がぁぁぁくそぉぉぉぉぉ!と吠えながらそのまま残りのタスクも消化、幻のゴールはタスクフィニッシュ後の 7 分後…。ゴールの上での高度は 290m なので最後の離脱ももう少し早く出られれば 2 分の時短につながった。

 

これ普通にゴール出来たなぁくそ。終わった直後はタスクフィニッシュ時刻の設定を失敗したと思ってたけど、単純に飛びの内容もミスしまくってるわこれ。くっそぉぉっぉぉぉ!

 

このあとも東風は強くなりすぎず、条件は好転しどこでもいつまでも飛んでいられる状態だった。なんじゃこりゃ!

 

 

3月1日 Day2 Task2

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170306001336j:plain

 

「もっと長めにしろ~い!」という檄が飛んできたので長く厳し目で考えたタスク。南東の予報、初日よりも雲が多いがちゃんと飛べばいけるタスク。入力がめんどくさい。

 

#150 12:02~13:17 南強めの微風(?)

Flight detail : masa ue - 1.3.2017 - VP - 11.74 km :: XContest.org - world of XC paragliding

またしてもスタートしてからのテイクオフ。だってオーバーキャストしてるしリフト弱そうだったんだもん。(じゃあそもそも時間設定がおかしいって話にもなるが)

牧場の手前で Exp の選手がガグルを組んで回しているのでまずそこを目指した。調子よく上がり 300m から 800m へ。外したのでもうスタートめざしたれと思って CooTO へ向かうがパラ尾根手前でめちゃくちゃ下がったため躊躇した。

パラ前で 900m まで上げなおして再度 CooTO へ向かいやっとスタート。しかしうまく GPS が取れず、高度を稼ぎがてら少しもたつく。CooTO 1000m からショップを目指す。

途中で一度上げなおしてパラメイン TO 南 900m で再度出発してショップを 530m で取る。このときショップより東側にいい雲ができていたので、ショップ辺りまで行けば絶対いいリフトがあると思ってわりと自信をもって突っ込めた。案の定ショップの直前からリフトがあり、TP のシリンダーも上がりながら取れた。

ショップ 530m から北に流されつつ 1000m まで上げて、さるかべを取りに行きつつ山に戻る。そのまま山頂まで寄せると結構いい感じのリフトがあった。これを上げるなら上げるでもっとしっかり回せばよかったんだけど、中途半端な絡み方をしてしまい時間をロス。

山頂 800m からきのこ山の東屋を 720m で取る。普段と比べると少し低い気もしたが、 CooTO やきのこ山で上がっている機体があったのでこのときは自信をもって進めた。ここでしっかり上げきるべきだった。

次の田中自動車だが、このとき雲はさるかべの尾根上とサル公の尾根上に形成されていて、最短距離で行こうとするとたぶんリフトはないことが予想できた。だからと言って北の雲の列に行くには高度が足りないし、南は遠回りすぎると思ったしで悩む。

悩んだ挙句、一番やっちゃいけないなんとなくで進んでしまった。

結果みるみる下がる。田中自動車(280m)を取ってそのままメイン LD へ。ああもう!

 

「迷ったらステイ!」

 

(後編へ続く)

2月25日 足尾 H-#287

飛びの記録

龍門から帰ってきてそのまま山上げ。

疲れと寝不足で、やる気はあっても行動力がまったく働かず、ダラダラ。

月例会のためにハングで上がったのに月例会にも参加せず、ダラダラ。

条件よさそうなのに、ダラダラ。


14時すぎにテイクオフ。
ぶっ飛び!ありえん!ヒーハー!
f:id:uneru-uneru-ponzu:20170227195734p:plain

なんも考えてなかった。頭の中がもやもや、まっしろ。そう、頭の中が雲中していた。

アプローチもひっどい。
なんも考えてない。無意識の惰性のアプローチ。


体を万全にしてから飛ぼう!!!