うねり

ハンググライダーとパラグライダーで空を飛んで考えたこと

7月8,9日 足尾 H-#298 , P-#158 & セイルプレーン体験

8日

8時40分出発でパラLDからハイクアップ。飛ぶ目的では昨年5月22日ぶりの2回目。細かいのも合わせると5回くらい休憩しながら登って39分40秒。1回目のときと比べると楽に登れた。転けないし道知ってるしで慣れたのだろう。
到着後ノンストップでフライトの準備。9時半集合で真壁の滑空場に向かう予定だったので遅刻寸前。
無難にテイクオフした。リフトもぽこぽこあって楽しそうだったがとにかくぶっ飛ぶ。できるだけ体に風を当てて涼みながら飛んだ。
無難にランディングしてすぐに機体をしぼって車に突っ込んで連絡。いま降りたよ!9時半ちょうどだった。

迎えの車がくるまでの間に着替えたり涼んだりした。

10時半ごろ真壁滑空場に到着。東京グライダークラブの皆様にもてなしていただいた。
ハング・パラフライヤーの人たちと似た雰囲気があった。(親しみやすさとにじみ出る只者ではない感)
自己紹介もそこそこに、機体の見学と説明をしてくれた。間近で見るグライダーはかっこいい。へーやほーが止まらない。

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170710072751j:plain
曳航機とセイルプレーン

11時前に一人目がついに体験フライトへ。
その間に残ったメンバーと雑談をしていた。ゆるい雑談が続く。
体験というから長くても30分くらいかと思っていたが中々降りてこない。結局1時間くらい飛んで降りてきた。これはすごい。めちゃんこよくしてもらっている。(グライダー体験で調べるとわかる)
高まる期待。

自分は四番目で、離陸は13時半ちょい前。
まず感じたのが景色の違い。空と地平線がよく見える。
次に感じたのは巡航速度の違い。80km/h で失速し、120km/h が最良滑空速度な世界は雲と雲の距離が近かった。あの雲に行きたいがすぐ叶う。
ソアリングの感覚はいっしょ。寄せ方も同じ。バンクはグライダーの方がきつい。
操縦はピッチがとてもシビアで、自分が操縦したときはピッチングしまくりだった。

前半30分は周期の早いサーマルと格闘し続け400~700mをうろうろ。やっと上げきって1200m。どこ行きますかの問いに、山じゃないところ!街!平地お願いします!とリクエスト。南西方向の街の上を飛んだ。
滑空比も比べ物にならないくらい良い。高度処理で160km/h 出しても L/D 22 とかって。空域が広い訳だよ。

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170710211802p:plain

夜もクラブハウスでもてなしていただいた。美味しく楽しく良い夜だった。



9日

暑い。山に上がる前から心が山から離れかけていた。
とりあえずセイルプレーンの体験で感覚がめっちゃ角なしハングになっていたので T2 で上がる。
10時、もうちょいで活発になるかなというところでテイクオフ。ここで粘って上げられたら格好いいし上手。
しかし無情にもぶっ飛び(あるいはバッタ)。
まぁ一ヶ月ぶりの角なしだったけれどランディング成功したから良しとする。

そして海へ。
なぜって夏だし暑いから。
テンションのまま海に飛び込んだり逃げない海鳥に触れたり砂山に登ったりして漫喫。
小一時間はしゃいで帰路についた。

後輩の初飛びを見逃した。空で会おう。

帰りは首都高八重洲線チャレンジを楽しんだ。

7月2日 足尾 H-#296,297(HG-タンデム#2,3)

朝出だが今回は久しぶりに一便間に合う時間に到着。

南西の日。めっちゃ暑かった。

前日の疲れがあったのであまりやる気がせずだったが、同期がハングタンデムの練習をしてくれるというので飛べた。

#296
初飛び並みのドキドキがあった。組むときの手順を思い出しながら準備。
テイクオフは無難に。飛んだ瞬間のワクワクは想像以上。
持ち換えやらフットバーやらやると結構進んじゃう。パイロットは機体の操作に集中した方がよさそう。
わりと体がねじれた。
アプローチを相談できるのは新鮮。フレアで体が少し寝ていたために効きが悪くズシン。まぁ成功。

西飛びなのであまり余裕はなく、遊べなかった。だけどすごく楽しかった。


ランディングの灼熱でやられたので2時間休んでから。
テイクオフにハンモックが出来ていた。

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170703072218j:plain

#297
一本目の反省を生かして飛ぶ決意。
テイクオフ、パッセンジャーとして足を合わせたつもりだったが動画で見ると後半バラバラに。まぁ仕方ないね。パッセンジャーの方が先に浮く感じ。パイロットはテイクオフ後半の加速が重要。
一本目よりもぎゅっとくっつくことを意識した。その方がひとつの重りになれて安定する。パッセンジャーは脇をしめてパイロットを挟む感じ。肘をつけると言ってもいいかも。
ランディングはまぁまぁいい感じにできたと思ったら「まだ遅い」。結構引かないとダメだね。

タンデム機は低速のコントロールが遅い。速ければ良くなるので意識する。


パッセンジャーとしては3本。はよパイロットになりたい。

6月24,25日 足尾 P-#156,157

24日

予報が悪く白馬行きを断念。足尾へ。
朝出、完全に電車で向かうのは初。旅情にあふれて楽しかった。
f:id:uneru-uneru-ponzu:20170625183542j:plain

#156
南南東風、TOはメインから入ったり南に入ったりコロコロ変わる。
南風が押してるときにテイクオフ。立ち上げたら斜面に対して斜めになったが、落ち着いてグラハンしてまっすぐにしてから出られた。浮いたあとに叩かれて沈んだのも走り足して対処。

初飛びを横目に飛び、高度処理を見ながら上げてパラ前に戻る。
二人目の初飛びが出たので先行して降りるつもりでLDへ。
まぁまぁ離れてるなと思ってゆったり8の字高度処理してたら、アレ?同時侵入か?な感じに。
邪魔してしまって反省。


#157
東風っぽくなりTOの風はしっかり正面から2~3m吹いてて出やすかった。
ぶわぶわ浮く感じ。
風がそこそこ強くてリッジやら流されるサーマルやらで飛んだ。
サル公チャレンジを2回したがギリギリ届かず。
上げきる場所が悪かった。
クラウドストリートが出来る場面が何度かあり、雲を意識しながら移動も出来たのはよかった。

2時間飛んで、サル公アタック⇒山頂⇒サル公アタック⇒パラ前リッジ⇒飽きた。ので、終了。


25日
朝飛びに賭けて残るが雨。
紫陽花みて帰った。

紫陽花の花の香りはヨーヨー風船の香りということと、首都高には高速から降りずに東京駅で人を降ろせるルート(八重洲線)があることを知った。

6月10,11日 足尾 H-#293~295(HG-タンデム#1)

今週末はダメダメだ!

リスクのある飛びしかしてない。

しまむらで買ったパンツはサイズを確認し忘れて小さいし!

 

 

10日

朝、やや寝坊。

10時過ぎに足尾着。人少ない。西にぶっ飛ぶつもりで来たが、組みあがるころにはなぜか東風に。

南風本流なので完全に回り込み。

めっちゃあやしい。

のに、大人になり切れず風を選んでテイクオフしてしまった。

 

これが完全にミスで、どこでもあがるものの、時間がたてばたつほど強風になってしまうので、やべぇ状況になってしまったことに気づく。

 

どこでも上がる⇒降ろしにくいから上げて待機

時間が経つと強風になる

詰み

 

モーパラ向かうもシンクと強風に阻まれて、目線のフライトパスでは6割方届くの判定。それじゃ嫌なのでハングランに戻った。

普通の高度処理空域では上がってしまうので、リフトのない場所をうろうろ。

南南西強風のなか、なんとかランディング。しかしフレアに失敗し亀る。

 

そもそも飛ぶべきではなかった日でした。

 

 

11日

#294 は板さんに頼んで念願のハングタンデム講習。(Falcon3 tandem)

 

・タンデム機のラフラインはリングではなく紐をかけて低くつける。フレアがかかりやすくなるため。

・機体ケースはクロスバーに当たらないように止める。

・ハーネスを着た状態で走る練習を3回くらいやる。どっちの足から出すか、どこを持ってもらうのか確認。

・スイングラインはサブ1つ、メイン2つ。ハングチェックはひとりずつ。

・フットバーを止めるベルトはくるくる巻いてから止める。空中で出せなくても問題ないことも伝える。

・飛ぶ前にも一度、一歩だけ練習する。

パイロットはパッセンジャーの体を足でコントロールする。特に体を起こすときとパッセンジャーのヨーイングを止めるとき。

・フットバーをはずしたら膝を曲げて足の裏を空に向ける。

 

 

#295 はタンデム講習に向けて、シングルの練習をしようと Freedom170 を借りる。

 

テイクオフは「まぁなんとかなるだろう」と風選びもそこそこに出た。案の定すこし取られるも、軽いコントロールでなんなく修正し、無事テイクオフ。

 

リフトは豊富だが周期が早く、オーバーキャストになり降りてしまう機体もそこそこいる中、どのタイミングでもしっかり生き残れた。大きめの翼ということもあり浮きがいい。特に低速でのコントロール性がよく、コアに入った時のセンタリングの気持ちよさは格別だった。

リフトに合わせて勝手に回るという感じではなく、パイロットの言うことをしっかり聞いてくれるという感じ。

グライド性能は、うん確かに VG off のラミR という評判もわかる。シングルなのに帰れる安心感がある。

 

 

Freedom をたっぷり2時間楽しんで、さぁここらで降りてタンデム講習の続きだ!と思ったらこれだよ。

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170611225813j:plainf:id:uneru-uneru-ponzu:20170611225851j:plain

 

アホ。

 

慢心か過信か、まずショップ横に降ろそうとしたことがよくない。

そしてアプローチも悪い。

不幸中の幸いにして、何も被害を出さずに降ろせたが、タンデム講習どころじゃない。

 

あああああダメだ!修行修行!

 

6月3,4日 足尾 H-#292 , P-#155

3日 ハング、西風つよめ

朝ゆっくり出発。13時過ぎに到着。
ピークはすぎててぶっ飛びの雰囲気。そしてぶっ飛んだ。

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170604231416p:plain

LD、北東か北西かでコロコロ変わる。気がついたら西風アプローチしている機体を発見、西風アプローチに決定。結果ややフォローLD。草のびてて高度感ややずれる。でもまぁ悪くない。

終わってショップ帰ると祝われた。宿舎でも祝ってもらってハッピーな感じ。(ケーキすごい)
感慨深し。


4日 パラ、西風つよめ、でもコンバージェンス帯なのでほどほど。

午前勝負の予報。10時TO、11時LD。

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170604231332p:plain

粘って上げられたけど、雲底までは上げきれなかった。

はじめは山際でセオリー通りに上げる。これが一番高かった。リターンするには足りない感じ。
途中ぬまりんがいい上げをしていたので緩やかに合流。追いかけた。

LD上、普段なら降りる高さだったが、ぬまりんがソーラーパネル上で上げてたのを見て、その根元に突っ込めた。丁寧に探って回して復活。
そこからは上げきれず山にも帰れずのたうちまわって終了。

でもまぁ西で足尾一番最初に上げられたので悪くないフライト。

これで割りと満足したのでなんとなくTOに上がったものの、強風になったのもあって飛ばずに降りた 。歩いて降りたので運動欲は満たされた。



本当はタンデムの練習したいなと思ってきた週末だったんだけど、調整がうまくいかず断念。
んまぁ次だね。