読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うねり

ハンググライダーとパラグライダーで空を飛んで考えたこと

10月15,16日 三の倉 米こめカップ P-#135~138

飛びの記録 大会・ツアー

福島県の三の倉で行われた米こめカップに行ってきた。
楽しかった。

杉さん、タイさん、ナガイ、みーゆー、おれ、ばんちょー、うみの、ハイジ、カジキ、やまだ、つっきーの11人。2台でにぎやかに。ツアーはこれくらいの規模がちょうどよいね。


14日(金)

出発前に中華街プチ観光&夕食。
これにはタイさん、おれ、ばんちょ、うみの、ハイジ、やまだの6人が参加した。

熱々の小籠包を一口で食べてのどをやられる。

24時すぎに足尾に着いて少し仮眠をとった。


15日(土)

準備をして3時前に出発。
出発早々にコンビニでおでんを食べるなどしてタイムロス。
助手席に座ったけどナビもせず話もたいしてせず、うとうとしっぱなし、ほとんどタイさんに運転を任せてしまった。

5時すぎからやっと目が覚めてわずかに話をした。朝日に照らされた喜多方の町は、深い霧に包まれていてとても静かだった。はっきりと逆転層も見えた。

霧に包まれた町へ
f:id:uneru-uneru-ponzu:20161019074125j:plain

7時に三の倉の山小屋くららに到着した。眼下には雲海が見える。晴れていたのでそのうち雲海も無くなるだろうなと思いつつ、受付開始まで仮眠をとった。

f:id:uneru-uneru-ponzu:20161019074219j:plain

一時間ほどで起きる。駐車場には車が増え、受付も始まっているようだった。
みんなを起こして受付に向かう。

挨拶がてらイントラさんたちにNPズを紹介してまわった。
「そういうもん」だとフラミンゴたちに残ってくれればいい。
文化よ伝われ。

ランディング見学して開会式でてハイクアップのスタートを見送ってテイクオフへ。

ハイクアップ勢のエキスパート感、スター選手感は見てて楽しい。
学生大会でもこういう演出ができたら楽しいのではないか。

テイクオフ
f:id:uneru-uneru-ponzu:20161019075912j:plain

f:id:uneru-uneru-ponzu:20161019075921j:plain

競技は最初の一本目のみデュレーション、以降はフリーフライト。

一本目

米こめカップ2016 1日目

14分。全然だめですね。
上の動画を見たナガイが個別にアドバイスをくれた。
優しい!好き!


引用
ナ『動画みたけど体重移動とその後の翼の制御がいまいちなんじゃないかな??』
私「センタリングはこれじゃないなって感じはずっとしていた。理想のイメージがまだないんだよな~。あっ、コメントありがとう」
ナ『あの時のサーマルは強い所が小さかったから、ガガッて上がってるとこはさらに体重入れるんだけど、
その後翼が走り過ぎちゃう(=サーマル脱け出ちゃう)から、グッて内側に体重入れて上昇したら今度はブレークで翼(特に、外翼)を抑えて滑らかに回す感じかな?』
私「あのときは小さいからこそ外翼抑えない方がいいと思ってたわ。「小さく回る」の操作のイメージが間違っていたということか。
…ああそうか!そうか!外翼抑えないと抜けるな!ハングでも小さく回るならバンクかけたあとプッシュしてスピード殺してる!」
ナ『そうだね!全く一緒だね。でも外翼抑えすぎると、今度はサーマルに弾かれるからあんま抑え過ぎないでね。』
私「ほー。ピッチアップしない程度に、でも外翼が先行し過ぎないように抑えろ、そういうことですね!」
ナ『そうだね。
あと、サーマルが弱いとこは体重移動を先行させてブレークでの操作はその後にした方がいいよ。
ブレークで操作したらその代償?として体が振られて効率いいセンタリング出来ない。
動画だからよくわからないんだけど、なんかあんま体重入ってないように見えた。』
私「ほうほう。たしかにセンタリングのときはブレーク先行気味だしブレーク操作にかなり意識持ってかれてる」


2本目(ログ :
http://www.xcontest.org/world/en/flights/detail:uflyt2/15.10.2016/04:26

ランディングが同時進入ぽかったからショートっぽく入ろうと思ってランディングから遠いところで高度処理したら怒られた。

宿は一昔前の温泉街って感じの風情がある温泉旅館。
あっつい温泉でリラックスした。
パーティではビンゴ大会があり、チューブバックのようなものをいただいた。パラの用具は何をもらってもすごくうれしい。

実は体調がとても悪かったので19時過ぎには就寝した。


16日(日)

6時過ぎには起きた。
せっかく温泉に来ているのだからと朝風呂へ。
人も少なく、昨晩より入りやすい温度になっていてのんびりできた。きもちかった~
部屋に戻っても依然静かなまま。
30分くらいぼけ~っとしてからみんなを起こす。

8時前に宿を出て喜多方ラーメンを食べに町へ向かった。
久しぶりに食べた喜多方ラーメンをやはりうまかった。
時間ぎりぎりに受付をして二日目の競技に臨む。

競技フライト(ログ :
http://www.xcontest.org/world/en/flights/detail:uflyt2/16.10.2016/03:25

山際のガグルをうまく処理できなくてうまく上げられない。
のたうち回りつつずるずる高度が下がって沈。全然ダメです。

フリーフライト(ログ :
http://www.xcontest.org/world/en/flights/detail:uflyt2/16.10.2016/04:41

リフライトのつもりはなかったんだけど誘われたので上がって飛んだ。
テイクオフの風がサイドっぽくなって少し難度が上がったが問題なく出られた。
風向きの変化によってリフトの場所も種類も変わった。
ちょっとトップアウトできたのはよかったが中途半端な飛びだった。
操作は荒く、意思もあいまい、時間もたいして伸びずどこへも行かず・・・

昼食にとふるまわれた味ご飯と里芋の汁をいただき、下界へアイスを食べに行って戻って閉会式。
挨拶もそこそこに急いで帰還。

21時前には宿舎について諸々まとめて解散し、21時過ぎに帰路へ。23時ごろうみのハイジと中華のまぜそばを食べてさようなら。


ツアーは楽しかったが飛びは4本とも全部不完全燃焼!
うまくなりてぇー!