読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うねり

ハンググライダーとパラグライダーで空を飛んで考えたこと

12月3日 足尾 H-#275~277

飛びの記録

朝は死ぬほど寒かったけど、高気圧に覆われて動くと暑いくらいのよく晴れた1日だった。

西富士JCに出たい!だから XC 証が欲しい!
「(項目はだいたい終わったので)あとは何をすればいいですか!?」
「じゃあ1本飛んでターゲット踏んでから関城行ってこい!」

そんなつもりで臨んだ1本目。
一便で上がって一人目のTOとなった。北風のかぶりが強かったものの、さっさと飛んでターゲットを踏みたいのでススッと出た。
……ら、荒れ荒れ。まっすぐ飛んだつもりなのに3回方向が変わった。山にささるかと思った…。

パラ前まで出してようやく落ち着く。
ちょっとだけ回して上げて、でもすぐ外しちゃってそのままLDへ。

いいアプローチ、いいファイナルターンが出来て、あとはターゲットを踏むだけだったんだけど、体を起こすのが少し早くてターゲットまでちょっと足りない感じ。
未練がましく粘ったらフレアのタイミングを逃してボディラン。動画撮られてさらされてしまった…。

悔しさにうちひしがれつつクロカンのつもりでリフライト。11時すぎにTO到着。
う~ん、天気はいいけどなんだか渋そう。
それでもトーチカと関城行こうって盛り上がった。
西に行くなら13時くらいに出ればいいやと思ってゆっくり準備した。これが良くない判断だった。

ぶっ飛び。もっと早く出るべきだった…。西に行くどころかトップアウトもできず。
ハングLD横で100mくらい上げただけ。

同時進入を避けるために粘ってたら上がった。
f:id:uneru-uneru-ponzu:20161204121300j:plain

超悔しいのでさらにリフライト。
3本目は項目の総仕上げ。
パラ前でレベルキープすること20分。そののち高速直線飛行、翼端失速、連続360°旋回、そしてターゲット。
ランディングは弱い南西。でも弱いし東風アプローチでいいやと微フォローランディングを選択。
走り抜けつつまぁまぁのでき。

より良くするにはもっと VG を引いてスコッとフレアかけて止まること。
VG を引くことで失速速度(対気速度)が速くなるので、より速い対地速度を保ったままフレアをかけられる。だからスコッと立てるんだと。


イントラさんたちから求められるレベルに対して、どうもあとちょっと何かが足りない感じ。悔しい。でも日本一の人らのレベルが目標だし、それが当たり前の基準だと思えばがんばれる。


いまの項目カード。
f:id:uneru-uneru-ponzu:20161204121326j:plain

あとクロカン1回行けたら!XC 証だ!
年内に取りたい!