読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うねり

ハンググライダーとパラグライダーで空を飛んで考えたこと

2月21日~24日 龍門オープン H-#286

大会・ツアー 飛びの記録

準備日の20日は強烈な風だったので飛ばずにだらだら。準備して、寝て、出発。

海老名の SA で初日はキャンセルの連絡が入る。一同しょんぼり。

 

大会初日の21日は強風のためキャンセル。

開会式、エリア説明後に座学。

 座学の後は毎回恒例になっている和歌山ラーメンを食べに。これも恒例、「うらしま」へ行った。

 

 

2日目の22日は南西のフォローだったけれど一応山に上がった。

ブローで出られるタイミングもあるにはあるが、曇りで徐々に悪くなる予報だったこともあり、競技としては成立しないと判断、キャンセル。

 

山から下りて和歌山ラーメン(丸田屋)を食べてから観光。関西サイクルスポーツセンターへ行った。

これがめちゃくちゃ楽しかった。

 

道中、景色に竹林が多い気がした。暇だし気になってしまったので調べる。

大阪府 岸和田市 植生 竹」で検索ゥ!

神於山保全活用推進協議会について - 岸和田市公式ウェブサイト

竹林の増加が問題になっていた。地域の生態系の破壊なんかにもつながるらしい。10年以上前から取り組んでいるようだった。

 

 

3日目の23日は雨のためキャンセル。ハングハーネスについての座学とレセプ。

 

座学の後にコインランドリーで洗濯してレセプ参加。

 

 

最終日の24日にやっと競技ができそう。

北東から北西になる予報で強め。ちょこちょこ積雲あり。雲底は 1500m くらいとの予報。サーマルは並から強。

 

去年龍門の大会に出て感じたこと(下記)を参考にして、テイクオフウィンドウオープンしたらできるだけ早く出て、いいスタートを切ることを目標にした。

去年わかったこと

・前回よりうまくなってる

・テイクオフは多分早い方がいい

・装備も含めて練習すべき

・おれは体格的には恵まれてる

・「高く動く」ことの圧倒的な優位性

・どこでどこまで上げなきゃいけないのか押さえる

・グライド下手

・無意識に体が捻じれてしまってる

・ランディングにムラがある

・飛ぶことそのものから意識がそれるとダメ

・大勢で飛ぶのはやっぱり楽しい

 

タスクは、

龍門 TO → JR(400m スタート)→ L タンク→セブンイレブン→お城→体育館→龍門 LD で 31.5 km の往復タスク。

12:00 テイクオフオープン、13:00 スタート(1回)。

 

ダミーが 12:00 ジャストにテイクオフして北風が強くリッジがしっかりかかっていることがわかる。12:10 にナグが出た後、12:15 にテイクオフした。

とりあえず牛小屋周辺でリッジを取ってあたりを見る。ナグがお城の方で高く上げている。ううむたしかに龍門山頂以北に積雲がいっぱいある。

スタートまで尾根上の積雲の下で待機。

高度は 1500~1650m くらいを維持。

時計を見ながら頃合いを見て JR 方面へ。ナグと共に一番高くちょうどにスタートを切れた。

 

ここまでは目標通り。あとはキープハイで確実にゴールを目指した。

Lタンクを取ったあと山頂北側で上げて 1450m でセブンイレブンへ。

セブンイレブンで強いサーマルにヒット。上げきってお城へ。

ここから途中のリフトに構ったせいで遅れたが、無事にお城を取る。

あと一上げしたらファイナル。残り 10km を L/D 10 で 1000m 、ちょっと不安なので 1300m を目標にソアリング

ちょっと外しつつソアリングしてたらいいリフトにヒット、よく上がるので結局 1400m まで上げてからファイナル。

体育館まではやや早めのグライド。体育館直前で 200m くらい下にダッチさんがソアリングしているのを見つけて抜かす。と同時に北側で龍門 LD 方向へグライドするトーチカを発見した。

そこからもっと引き込み、急いで体育館を取ってゴールを目指す。目測でも機器の予測でも明らかに高度が余る。コントロールが効く限りの最高速(65km/h 前後)でグライド。ゴールしたときの高度は 400m ちょい。58分。

そこからまた上げなおしてうろうろして降りた。フライト時間は2時間26分。

早い人は41分だった。うまくリッジを使って移動していたようだった。う~ん!

 

 

今回わかったことと感想

・前回よりうまくなってる

・スタート前に周辺を探るのはやはり効果的

・キープハイは安心できるが、競技では必ずしもいい選択とは限らない

・まだ感覚に頼っている

・より理論的に考える必要性あり

・リラックスして飛べた

・やはりまだグライドが下手

ソアリングはコアをつかむのが下手

・ベストヘディングだけではダメ

 

今回はなぜだかゴールは確実にできると思っていた。

いろいろあったからか結果には満足できなかった。

フライト自体は楽しいものだったけれど、それ以上に悔しさがあるのかも。

 

 

f:id:uneru-uneru-ponzu:20170227003502j:plain

緑がおれで、赤がトーチカ。ログが似てる。