読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うねり

ハンググライダーとパラグライダーで空を飛んで考えたこと

12月17,18日 足尾 H-#278,279

飛びの記録 雑記

部活の連絡網から抜けた。やっと。

12月の忘年会が代交代のタイミングになっていて、そのとき何も言わずに抜けた。

建前では3月の卒業のときだと抜けるタイミングを逃しそうだからって言ってるけど、ほんとの理由は3つ。

 

・流れてくる情報を見ると口を出したくなっちゃうから。

・そうすることで後輩が考える機会を奪っていると思ったから。

・「卒業後に自分が学生に依存しないで飛びに行けるか」を練習したいから。

 

部活のHPも最後の更新をした。このまま何もいじられないと次の4月にちょうど広告だらけになってしまうような仕組み。

とにかく部活と距離を置いてみたい。(運転してくれと言われれば運転するが)

今までも運営に口出しはしていないつもりだったけど、自分がいるだけで無意識に誘導したり手伝ったりしちゃってるからよくなかったと思う。

 

たぶん相変わらず飛びには行くけど、どうなるのかなぁ。

 

 

※ ※ ※

 

 

という気持ちで迎えたグループ脱退後初足尾。

たまたま運よく自家用車を使えたので何も問題なく飛びに行けた。

 

木曜くらいに「今週行きますか?」って連絡きて気のない返事をしてだらだら確認を先延ばしにしたんだけど、結局数人集まった。(もっと早めに聞いてくれりゃあ部車にして人集められたんだろうけど…)

 

土曜、西風強風、晴れ、西高東低の冬型気圧配置、エマグラムではサーマルトップ1000mくらい、たしか条件付き不安定。

朝ショップで今日のコンディションでクロカンするならどこでどうする?みたいな話をイントラさんたちとした。

南西風をしょって常陸太田か、強風を頑張って抜けて宇都宮周辺の弱風帯を目指すかって話だった。

「まぁ飛べて、上がればの話だけどねぇ~~~!!!」って感じ。

 

山上がって組みあがるころに風が強まって一度フライトを断念。14時ごろ再び山に上がって1本飛んだ。そんな状況だからクロカンはあきらめて目標は東リターンだった。

http://www.xcontest.org/world/en/flights/detail:uflyt2/17.12.2016/05:45

 

はい、下手くそ。

TO直後やたら力入ってて操作が荒かった。

なんとなく左に取られた気もする。

 

上げられそうなリフトに当たるも絶望的なセンタリングで上げきれず。。。

気がついたらそこら中にトンビがいてわかりやすかったのにそれでもだめ。

(でもトンビの近くで飛べたときは普通に楽しい)

 

ランディングはターゲットそばにきれいに降りられたので良し。

 

 

飛びは微妙だったけど、ショップに帰ってXC証の学科試験を受けた。

94点で合格。

晴れてXC証を取得したのでした。(パチパチ)

声を大にして言いたい。

 

みんな、ログを残すって超大事だよ!!!!

 

 

夜はたっきーとふたりでこんなところに。

f:id:uneru-uneru-ponzu:20161219223717j:plain

ホワイトボードのごはんが素敵。

 

ここで思ったのがやっぱここまで残ってるやつらは飛ぶこと自体が好きなんだなぁということ。

いまも飛びに来てる同期とふたりで話すと飛びの話になるし、それが真剣だから面白い。いいねぇ。

 

 

日曜日。冬型の気圧配置が少し緩む。晴れ、しっかり西風。気温が上がり切れば良さそう?でも条件付き不安定で乾燥してるから…。

 

朝、XC技能証申請をしてから山に上がる。だからちょっと遅くなってしまったので「上がるタイミング」を待ってから出ることにした。

それが全然こねぇ~~~!

曇ったりして気温も上がり切らないし、出ていく機体を見てもリフト全くなし。14時ごろまで待って出るも土曜よりリフトは弱かった。ぶっ飛び。

もっと待てばリッジになってリターンもできたみたい。くっそ~!

ランディングは南西。西寄りに入りすぎてファイナル後偏流の操作に気を取られすぎた。体勢が悪いままフレアのタイミングを迎えてしまいフレアかけられずダサい感じに降りた。

もっと南に向けるべきだった。

 

 

一応年内最後の足尾のつもりだけど、年越しでツアーの予定で、その準備の日にもしかしたら飛ぶかもね。

 

 

(メモ)

もっと慣れてきたらベースレグ無しで降りてみる。オーバーヘッドアプローチの変形。場周とオーバーヘッドとの中間みたいなやつ。

ダウンウィンドレグの位置とスピード、次の180度旋回のバンクとスピードで調整して降りる。


学科試験より、

パラでリフトのあるなか素早く降ろさなきゃいけないときはアクセルじゃなくて翼端折りで高度を下げるべし。

臨時の航空機の情報などはノータム。

陸地は局地風の影響を受ける。

パラのXC証技能項目ではターゲット半径5m以内(ハングは半径15m)、往復距離6km(片道3km行って帰る。ハングは10km)のアウト&リターン。